五十肩とは?簡単なチェック方法

50肩に悩まされる男性

俗に言う「五十肩」とは「肩関節周囲炎」で急に肩に強い痛みを感じるのが特徴です。数日後には徐々に痛みは治まるものの肩周辺が動かなくなってゆきます。無理に動かそうとすると痛くなります。

「五十肩」と言うのは主にこの世代の方が発症しやすいのが俗称の理由で、実際には40代の方でも60代の方でも発症することがあるので中年世代以降の方は注意が必要です。

肩が動かなくなるのは本当に不便な経験です。例えばシャツに袖を通したりお風呂で頭を洗うときにも腕が上がらないと言ったごく日常の動作に支障を来すようになります。

しかし大抵は五十肩の症状は1年から1年半ほどで自然と治まってくるものです。しかしこの期間に対処方法を取るかどうかによって、その後の生活にも少なからず影響を及ぼすので病院への受診は必須です。

五十肩の簡単なチェック方法

五十肩は腕を上げたり後ろに回したりする動作が制限されます。

例えば腕を上げて後頭部の後ろに付けることができるでしょうか。さらに両手を腰や背中の位置に合わせることができるでしょうか。手を前から回して逆側の肩を揉むことができるでしょうか。

これらの動作に少なからず痛みを感じるのであれば五十肩の可能性があります。まずは整形外科を受診されて医師の指導を仰ぐことをおすすめします。

スポンサーリンク



  

このページの先頭へ