バレリュー症候群:メニューページ

バレリュー症候群とは?

バレリュー症候群とは20世紀初めにフランスのバレとリューが頸部の外傷や疾患と交感神経の異常を指摘したのがこの疾患の始まりです。

一般的な診断ではむち打ち症は3ヶ月程度で治ると見込まれています。しかし、3ヶ月経過しても症状がよくならず、首の痛みとは別にめまい・頭痛などの不定愁訴(様々な体調不良)を訴えます。

バレリュー症候群の原因の1つとして、事故後に安静を保たないために起きることがありますので、むち打ち受傷後は絶対安静にします。

症状と診断

治療と事故の心がまえ

このページの先頭へ