バレリュー症候群の治療と交通事故の心がまえ

バレリュー症候群を説明する医師

バレリュー症候群の治療について

薬物治療により血行を改善したり、頸部交感神経ブロック(星状神経節ブロック)注射により、交感神経の興奮を一時的に押さえることができます。これにより痛みや症状が緩和されます。

精神的な影響が大きく出ているのであれば、安定剤などを処方します。いずれしても長期に及ぶことが多いので、努めて前向きに生活することや気持ちを上手に切り替えることも大切です。

交通事故受傷後1~3ヶ月の間にバレリュー症候群を患うことが多いです。これは事故に関する心理的なストレスも大きく影響するからです。

交通事故に遭った際の心構え

これは私の身内の経験(100:0で過失割合0のケースでむち打ち等を発症)ですが、加害者というのはこちらの知り合いでも何でもなく赤の他人です。誠実に対応してくれると期待すると苛立ちが生じるので、保険金を賠償する媒体程度に考えておいたほうが気が楽になります。

受傷者が誰かにもよりますが、特に女性の方は自分で交通事故の賠償などに関する問題を解決しようとするとかなりの労力にもなり、大きなプレッシャーにさらされます。

保険会社は被害者の味方のように見えますが、実は保険金支払い(費用)を何とか少なくしようとしてあの手この手で被害者に圧力をかけてきます。

これも心理的なストレスとなり得るのです。それで信頼のできる家族に手続きなどをお願いして、ご自身は治療に励まれるのがベターです。

スポンサーリンク



  

このページの先頭へ