夏冬ともに冷え性の原因を避ける方法

オフィスでエアコンを調整する

冷えは肩こりの原因になるだけでなく免疫低下や体調不良の原因にもなるので上手に避けたいものです。どんな点に注意をしたら良いでしょうか。

夏場はエアコンや服装に気をつける

こちらのページでも書いているように夏場のオフィスは冷えやすい環境にあります。特にエアコンの風が直接当たる所は冷えの原因になりがちです。

扇風機を使って風向きを変えるかデスクの位置を移動することで風を当たりづらくすることができます。

女性であれば服装がが冷えの原因になることもあります。夏場でも露出の多い服装は控えるのが賢明です。なぜなら首や肩が空いている服装は直接エアコンの風が当たるので身体を冷やすからです。

お昼を外食で済ませるとしても夏場の飲食店は大抵エアコンの効きを強く設定しています。昼食時は店も混んでおり自分で座る位置を決められることは少ないので、軽く羽織るものを準備しておきましょう。

冬の時期は肩だけでなく体全体の冷えに注意する

冬場は肩や首周りだけでなく、体全体が冷えてしまわないように気を付けましょう。なぜなら体全体が冷えていると首や肩もこわばってくることがあるからです。

保温性の高いインナーを着るだけでなく、靴(できればブーツ)手袋、首を守るマフラー、そして帽子も冷え防止に役立ちます。

あれもこれも着るのが面倒に感じることもあるかもしれませんが、おしゃれのアイテムとして割り切って使ってみるのはいかかでしょうか。

年々薄くてファッション性の高いものが開発されているので、冬の服装を楽しむ気持ちでいると上手に冷え防止に取り組むことができるでしょう。

スポンサーリンク



  

このページの先頭へ