デスクワーク対策:メニューページ

オフィスで働く多くの人が肩や首のコリや痛みを訴えています。デスクワーク対策をして上手にコリや痛みを解消しましょう。

VDT症候群について
VDT症候群は現代のオフィスワークに付き物の職業病と言えるかもしれません。軽い体調不良から病気に発展してしまうこともあります。


VDT作業に適したパソコンは?
ノート型とデスクトップ型のどちらがVDT作業に適したパソコンなのでしょうか?自分の姿勢に合わせて使えれば負担を軽減できます。


VDT連続作業の時間のリミット
VDT作業を行う際にできるだけ身心に負担をかけないために時間制限を設けておくことは大切です。どのらいの時間が良いのでしょうか?


パソコン作業の光の取り方について
パソコンを使っていて目に入る光量で負担も変わってきます。室内の明暗の差を避けつつ光を上手に遮るのがコツです。


グレア・照明の映り込みの防止
パソコンで作業をしているとグレアは目の負担となりVDT症候群にかかりやすくなります。グレアを生じさせない方法を紹介しています。


VDT作業時に目を守る方法
オフィスでパソコン作業をしていると目が乾いてきませんか?目の潤いを保つことでドライアイなどの予防にもなります。


疲れ目の原因と解消する方法
オフィスワーク中に疲れ目にやりやすい3つのケースとその解消法を詳しく解説しています。


マウスもチェックする
マウス症候群についての説明と、自分にあったマウスを購入するためのポイントを解説しています。おすすめはレーザのワイヤレスです。


VDT作業に適した椅子とは?
椅子も長時間座っていると姿勢に大きな影響を及ぼします。ふさわしい椅子を選ぶ点で3つのポイントがあるのでチェックしてみましょう。


机や周辺環境を整備する
机や周りの環境を整えることで、正しい姿勢を保ちながら仕事を行うことができます。定期的な整理整頓で快適な環境を保てます。


目にやさしいディスプレイの用い方
ディスプレイと目の距離や周辺の書類などとの関係が目に負担をかけることがあります。ディスプレイを使用する際の基礎知識を紹介しています。


キーボードの操作について
デスクワークに欠かせないのがキーボードの操作ですが、使用の際の注意点を厚生労働省のガイドラインに沿って解説しています。

このページの先頭へ