肩や首のこりの原因:メニューページ

首や肩のこりの原因となるのものを挙げてみました。まずは該当しそうなものを特定してゆきましょう。

原因が特定できたら解消するよう心がけることで、首や肩の状態はかなり改善することでしょう。こりに悩まされている方々のお役に立てれば嬉しく思います。

ストレスとの関係
人は強いストレスを感じると、こりの原因となることがあります。こりを生じさせるメカニズムと解消法について解説しています。


テクノストレスとは?
コンピューターが生活に欠かせないものになるにつれて、ストレスの原因となっているようです。テクノストレスと首の痛みについて説明しています。


虫歯も原因となる
虫歯とこりの関係について解説しています。体は精密にできているので、特定の痛みが他の箇所に連鎖することがあります。


メガネにも関係がある
メガネの度が合っていないだけでも、こりの原因となることがあります。知らず知らずの内に見えづらくなっているかもしれません。


眼精疲労との関係
眼精疲労と単なる疲れ目を見分ける考え方や、どんな時に眼科を受診すべきかを解説しています。


加齢が原因となる
肩や首が頻繁にこると「歳だから・・」と思うかもしれませんが、年齢ゆえの原因が2種類あります。それは筋力の低下と組織の変性です。


対処療法中心の方へ
こりに悩まされていても対処療法が中心だと、それ自体が原因となりうることがあります。きちんと原因を突き止めることが大切です。


車を運転する時の姿勢
教習所でもほとんど学ぶことのないのが運転集の姿勢です。自己流になっていると、それがコリや痛みの原因になります。


日常生活の姿勢が原因となる
いわゆる「日本式」の生活はこりの原因になることがあります。意外と気づかずにしている姿勢もありますのでチェックしてみてください。


こりの原因となる服装とは?
夏冬関係なく肩や首がこりやすい服装があります。それぞれの状況に合った仕方で調整をしてこりを予防しましょう。


意外なこりの要因
ある種のスポーツは肩や首がこる原因となるものがあります。スポーツとは体を動かすものですが、「服装や姿勢」が原因となることもあります。


季節や気圧の変化による
夏や冬に関わりなく、「冷え」がこりや痛みの原因となることがあります。まずは原因となる状況を見極めましょう。

このページの先頭へ