メガネも肩こりの原因となる

メガネ

メガネの度が合っていないとこりを生じさせる原因になります。なぜならば、度が合っていないと眼精疲労を引き起こしやすくなるからです。

特に老眼が始まる世代になると知らず知らずの内にメガネのピントが合わなくなっていくことがあります。

度が合っていない状態で物を見ようとすると、人間の目は頑張って順応しようとピントを合わせます。その結果、さほどのことはしていなくても目が疲れたり眼精疲労になりやすくなるのです。

症状が進行してゆくにつれて目や頭の周り、首筋の筋肉が緊張して重苦しくなってゆきます。そうすると頭の全体が締め付けられるような鈍痛に悩まされるようになります。

特に40代からの老眼が気になる方は注意が必要です。

メガネを定期的にチェックしよう

以前にメガネを作ってからどのくらいの期間が経過したでしょうか。人間の目は置かれた状況に順応しようとしますので、見えているつもりでも実は見えづらくなっていたなんてこともあります。

最低でも一年に一度はメガネの度数をチェックすることをおすすめします。大抵は自分の眼鏡を購入した店に行くと無料で行ってくれるでしょう。

必要であれば自分の視力に合った度のレンズに交換することで、目の負担を軽減することができ、症状の改善につながることがあります。

スポンサーリンク



  

このページの先頭へ