変形性頚椎症の診断方法

変形性頚椎症の診断

変形性頚椎症を診断するには、握力や腕などの筋力の確認、感覚や指の動きなどをチェックしたり腱反射を確認したりします。

しかし、首の痛みを訴える病気は色々あるので診察だけでは実際に何の病気なのか具体的に特定することはできません。次の段階として画像検査を実施します。

X線検査をすると画像から骨棘(とげのように出っ張っている部分)を見て取ることはできますが、実際にどの部位で神経への圧迫があるかを確定するためにはMRIやCTなどの検査を行わなくてはなりません。

画像の検査をすることにより、同時に他の病気の可能性を排除することができるので、より一層正確な診断を下す助けにもなり安心です。

最終的には総合的に判断する

最終的な診断は画像による検査と診察により、圧迫している部位と症状が一致することにより何の病気か診断が下されます。

頚椎症性神経根症の可能性が高ければ、X線検査を受けて画像を見ながら該当する神経根に麻酔剤を注射して痛みが解消すればその神経根が原因であることが特定できます。

変形性頚椎症と似たような症状が出てくる病気としては頚椎椎間板ヘルニア後縦靭帯骨化症胸郭出口症候群などがあります。

スポンサーリンク



  

このページの先頭へ