変形性頚椎症の治療方法

看護師さん

どのような治療を行うかは、今の段階で変形性頚椎症がどの程度進行して症状を引き起こしているかによります。性急に手術をすることはありませんが、症状がかなり進んでいる場合には手術も検討します。

対処療法とその経過で、その後を判断する

整形外科を受診して変形性頚椎症と診断されたならば、症状に応じて痛み止めや筋弛緩剤、安定剤などを出してくれます。(薬物療法)この段階の治療は既に出ている症状を抑えるための対処療法になります。

首や肩への温熱療法や首のけん引も行います。(理学療法)頚椎部分を安静に保つためにカラーで固定することもあります。(装具療法)症状がさほど進行していなければこの段階で改善を図ることができます。

[関連記事] 首の痛みを解消する治療方法

どんな治療法をどの位の期間行うかは、患者さんの状態を見て医師が判断します。一般的には2~3ヶ月で効果が現れてきます。

単なるこりや痛み程度では手術をすることはありません。しかし先に述べた症状が進行してゆく場合や、症状がひどく原因が特定できる時には手術を検討します。いずれにしても早期に病院へ行くのが賢明な方法です。

通院して治療を受けると痛みや症状が治まってくるかもしれませんが骨棘(こっきょく:ほねのとげ)自体は無くなっていません。それで引き続き日常生活において姿勢に注意することや、定期的に運動をしたり、身体を温めるなどして再発防止に努めましょう。

スポンサーリンク



  

このページの先頭へ