頚椎椎間板ヘルニアの原因について

頚椎椎間板ヘルニアの原因

老化や姿勢の悪さが原因となる

椎間板という組織は弾力性のある成分でできており、脛骨の間にあって弾力性を保つクッションのような役割をしています。しかし20代の頃から水分が失われ始め老化してゆきます。

※主に発症しやすいのは20~40代の男性です。

年齢的は40代も働き盛りで老いてはいませんが、体の組織はすでに老化が始まっています。仕方のないことなので認めなくてはなりませんね。

物理的な要因も原因の一つとなります。例えば交通事故などの強い衝撃が引き金となりヘルニアになることもあります。それ以前に椎間板に亀裂や裂け目があると発症しやすいようです。

加えて普段の姿勢も原因となり得ます。

私の場合はカバンを左肩にかける癖があったので(右利きのため)、重心のズレが姿勢の悪さを生み出していました。過去の写真を見返してみると、片方の肩が上がっているのに気が付きました。

症状の強さはヘルニアの出る位置にもよる

ヘルニアが圧迫して刺激する組織には2種類あります。神経根と脊髄です。イメージとしては神経根は1本の組織で、脊髄はそれが束になっているようなものです。

ヘルニアが神経を圧迫すると痛みやしびれが生じます。しかし、ヘルニアが背中の中央部分の位置に飛び出てしまうと脊髄を圧迫することが多く症状も強くなります。

脊髄を圧迫すると強い痛みやしびれ、歩行障害や排尿障害といった重い症状が出ることがあります。この場合は生活に支障を与える程度に基づいて手術も検討します。

スポンサーリンク



  

このページの先頭へ