示談とは何か/保険会社が代行できないケース

示談とはどういう意味ですか?

◆法律上の意味としては和解契約を意味します

多くの方が「示談」と聞くと交通事故の損害額の話し合いをイメージすると思いますが、実際には金銭の貸し借りから離婚の慰謝料に至るまで法律的な紛争を抱えている両者が話し合いによって解決することを意味します。

人身事故における和解(示談)の割合は9割以上になると言われているので、示談というのは実際には日常的に行われているものなのです。ここで考えているのは損害賠償なので、民法における和解契約と言えます。

保険会社が示談の代行が可能な理由

事故の経験がない方にとっては、交通事故の損害賠償というのは普通当事者同士が話し合うものだと思われている方が多いのではないかと思います。それで、事故に遭ってみて相手側の保険担当者が交渉に乗り出すので面食らう方もいらっしゃることでしょう。

弁護士法では弁護士以外が報酬を得る目的で示談を行うのを禁じています。それで示談屋と言われる方々の行為は当然違法になるのです。

なぜ保険会社の担当者は示談を代行できるのでしょうか。昭和48年に日弁連と損保協会にの協議により示談付きの自動車保険が認められた背景があるのです。しかし、気を付けなければならない落とし穴があるのをご存じでしょうか?

保険会社が示談の代行を行えないケースもある

例えば私のケースのようにセンターオーバーなどの100:0のもらい事故なのに相手が非を全く認めない場合は保険会社は示談代行を行えないことになっています。

しかし、”無保険車ほど無責任”なことも多く、こちらが何度も連絡しても全く示談に応じようとしない人もいます。素人の被害者がいくら頑張っても解決に至ることは難しいでしょう。

そんな時はどうすれば良いのでしょうか?

弁護士特約という強い味方がいる

ここで力を大いに発揮するのが弁護士特約です。弁護士特約とは上記のような保険会社の担当者が示談できないケースにおいて、弁護士費用を負担してくれるものです。

私もたまたま友人から勧められて加入したのですが、家族が遭った事故が上記のと同じケースだったので裁判を起こして保険金を無事回収することができました。

まだ弁護士特約を付けていない方は、事故に遭う前に加入されることをおすすめします!

弁護士特約に加入しておいた方が安心な理由

スポンサーリンク


このページの先頭へ