むちうちで後遺障害14級認定を見越した病院選び

◆病院選びが等級認定を左右させる

事故でむちうちになると2~3ヶ月程度で完治すると言われています。(保険会社基準)事故後に安静にしてしっかり休息をとり、それで治るならば越したことはありません。

しかし多くの方が半年や1年経過しても首や体の不調に悩まされています。交通事故の場合、医師の判断のもとにこれ以上治癒する可能性がないくらいまで通院を続けても構わないのですが、最終的に「これ以上は変化しない」という程度になると思います。これが「症状固定」といいます。

症状固定をすると医師が保険会社へ提出する用の診断書を作成してくださいますが、ここが肝心です。実は私のケースでは整形外科の医師は大学病院で勤務していたとのことでしたが、全くの知識なし。

何をするかと思えば、いきなり目の前で鉛筆を立て首がどの程度曲がるかを目視で確認して終了。診断書には「◯度が可動範囲」と書いたのが医師による客観的な根拠となったのでした。

症状固定の際の診断書が等級認定を左右するといっても過言ではありませんが、どんなタイプの医師がありのままの症状をきちんと書いてくれるのでしょうか?

スポーツ外科か専門医のいる病院に行く

整形外科と一口に言っても間口が非常に広いのです。膝専門の医師もおりますし、腰専門の医師もいます。勘の良い方はお気づきになったかもしれませんが、首専門の医師がいる所に行くのがベストです。

あるいはスポーツドクターがいる所がベターといえるでしょう。理由は簡単です。自分にとって必要な部分を専門的に見てくれる医師のほうが知識が豊富で、症状固定の際に医学的な根拠を用いて診断書を作成してくれます。

むちうちで後遺障害14級が認定されるのは14級の9項「局部に神経症状を残すもの」の部分であり、12級の13項のように画像による立証を必要としません。

「局部に神経症状を残っている」ことが診断書で立証てきるかどうかがポイントですが、首の専門医やスポーツドクターは神経症状の有無を判断するためのテスト方法を知っています。≫≫こちらはその一例となります。

むちうちで通院を開始して数ヶ月経過し症状固定になりそうであれば、首の症状を医学的に立証できるかどうか前もって聞いてみるのも良いかもしれません。知識を持っている医師は首の神経症状を立証するためのテストについて言及することでしょう。

x 近所の整形外科医ではダメな理由

上記の点を考えると、通うべき病院はある程度の規模の所になり近所の整形外科ではないはずです。近所のお医者さんも近くて便利ですが症状固定の際に医学的に首の痛みを立証出来るだけの専門性があるでしょうか。

数ヶ月も通院した挙句、適当な診断書を作成されたのであればこちらもたまりません。では、症状固定の時だけ別の病院へ行って医師にお願いすることができるのでしょうか。

症状固定の時だけ別の医師に頼めるか?

可能性はかなり低いと思われます。なぜなら医師が事故後から現在に至るまでの症状を見ていないので、それが事故より以前からの症状なのか事故後の症状なのかを証明できないからです。

仮に以前通っていた病院からの紹介状を持参したとしても、実際にその医師が見たわけではないので重要視してもらえないのが現実です。医師は原則として自分の見たものに基づいて判断するのです。

私のケースでは症状固定後、後遺障害14級が認定されなかった時点で病院を切り替えて診断書を書いてもらいましたが、十分なものではありませんでした。繰り返しになりますが、「それまでの経過を私は見ていない」というのが中立的な医師の意見でした。

事故でむちうちになったら最初から専門医にかかるのが得策です。遠方にあると通院が面倒ですが、症状が落ち着くと2週間から1ヶ月おきの通院になりますので、後々の事を考えると費用対効果は高いといえるでしょう。

スポンサーリンク


このページの先頭へ