肩こりに役立つ飲み薬

お薬

肩こり解消に使える方法の一つとして飲み薬があります。近所のドラックストアで購入できるものや病院で処方されるものまで様々です。肩こりを解消するためにどのような薬が役立つのか簡単に紹介しましょう。

痛みを和らげる目的で飲む薬について

例えば肩のこりがひどい場合には消炎鎮痛剤を用いることができます。しかし胃を荒らすことがあるので胃薬も同時に処方されることもあります。

他にも筋肉を弛緩させる目的で薬を処方されることがあります。薬をどの程度の痛みで、どの位の期間服用するかは医師との相談によりますが「肩がこる=薬を飲む」図式になると対処療法だけになり原因は取り除かれません。

また鎮痛剤自体は長期間に渡って服用することはすすめられていませんので処方薬であっても市販薬であっても注意が必要です。

消炎鎮痛剤などの痛みに対処する薬だけに頼るのではなく、生活習慣の中で原因を見つけて対処するほうが根本的な解決策になります。

ビタミンB群が肩こりに効く理由

ビタミンB群の中には末梢神経にできた傷を修復したり筋肉疲労にも役立つと言われてします。肩を揉んだりする物理的な方法とは違って体の細胞に間接的に働きかけるものです。

しかしこれらのビタミンは本来食事から摂取することができるものです。ただ食生活を意識しても特定のビタミンを摂るには限界があるので、それを補う形で摂るのがサプリメントの類です。

ある程度の期間服用しなければならないことや、若干値段も高めのものが多いので「必須」とまでは言えませんが、生活習慣の改善の補助として用いることもできるでしょう。

いずれにしても消炎鎮痛剤やサプリメントは肩こりの原因そのものを取り除くものではありません。ぜひ生活習慣を見直しつつ、使える余地があれば検討するレベルのものです。

スポンサーリンク



  

このページの先頭へ