肩こりには温湿布と冷湿布のどちらが良いのか?

湿布も役立ちます!

肩がこって辛い時には湿布を張ることで痛みを緩和させることができます。

飲み薬と異なるところは湿布は体の表面から皮膚を通して浸透してゆくことです。貼ると直接的に効いていくのでこのタイプの方が好きな方もいるかもしれませんね。

湿布の表面に消炎や鎮痛に効く成分(フェルビナクなど)が配合されているので痛みに作用する仕組みになっています。

肩こりの原因は筋肉中の老廃物が原因なので温めることで症状を和らげますが、湿布の中には温感刺激を与えるものもありますので血行促進にも役立ちます。

湿布薬にどれだけ効果があるかについては、各湿布薬に含まれている有効成分によっても変わってきます。この部分は値段相応なのでどれを選ぶかはお財布の事情と肩こりの度合い次第です。

温湿布と冷湿布のどちらが良いのか?

冷湿布と温湿布は効果の面では大きな違いがなく使用感の問題とい言われていますが、個人的には温湿布の方が好きです。肩やその周辺がじんわりと温まるとリラックスできますし、血行促進にも役立つ気がします。

しかしこの部分は個人の好みもあるので、肩こりや痛みを軽減させる湿布であればどちらでも良いと思います。

注意したいのは入浴前後は湿布を貼るのを控えることです。体が温かいままシップを貼ると、湿布の中の成分が作用し刺激を与えて痛い感じになってしまうからです。

人によっては湿布を何度も張っていると皮膚がかぶれてしまうこともあるので、湿布を使うか塗り薬にするか用途に応じて使い分けることもできるでしょう。最近は臭いが少ない微香性の湿布も出ているので選択肢の幅が広がっています。

スポンサーリンク



  

このページの先頭へ