事故でむち打ちになったらまずすべきこと

交通事故にあった後のアドバイス

むち打ちのような衝撃を受けたらすべきことは?

◆必ず病院へ行くこと、絶対安静にすることです

万が一、交通事故でむち打ちのような衝撃を受けた場合にすべきことはあるでしょうか。それは絶対安静にすることです。

交通事故で受傷した場合、直ぐに警察が来て交通事故の実況見分と取り調べを受けることでしょう。保険会社へも事故の連絡が済んでいると思います。

車の損傷がひどく、自走できない場合はレッカーでそのまま修理工場行きですが、損傷が大きくも走行できる場合はどうすべきでしょうか。

ある方は、そのまま目的地へ行って通常の予定を果たそうとすることがありますが、大きなリスクを伴います。

実は、むち打ちは直ぐに症状が出ないことがあるからです。事故後の緊張や気持ちの高ぶりで痛みを感じなくなっていることもあり、次の日や時間が経過してから症状が出ることがあります。

事故直後に安静を保たないことによって「バレリュー症候群」を引き起こし後々苦しむ事にもなりかねないので、大事な用事や仕事があったとしても、首を固定して直ぐに病院へ行くことにしましょう。

事故後にどの程度行動できるかは、まず病院へ行って正確な診断が下りてから医師の指示に従うことが重要なので覚えておきましょう。

スポンサーリンク



  

このページの先頭へ