喫煙は肩や首のこりを悪化させる原因になる

喫煙の危険性を説明する医師

「百害あって一利なし」のタバコですが、街中を見かけると多くの方が喫煙を続けているようです。値段が上がってタバコを吸う本数は減らせても、喫煙自体を止めるのはかなり難しいようです。

喫煙とコリにはどのような関係があるでしょうか?

喫煙と肩こりの関係について

タバコを吸うと血管が収縮するので血流が悪くなるのです。そうすると筋肉中の疲労物質がたまりやすくなり、コリや痛みを引き起こします。

頚椎椎間板ヘルニアの方だとヘルニアによって神経が圧迫されていますが、タバコを吸うと神経中の血液の流れが悪くなるので神経の働きに影響を及ぼします。

タバコを吸うと一時的には気持ちが落ち着くので疲れが取れたように感じますが、実際は肩や首のコリを悪化させる一因となっているのです。

喫煙はがんや生活習慣病の原因にもなりますが、首のコリや痛みを悪化させる原因にもなりますので、ぜひこの機会に禁煙にチャレンジされてみるのはいかがでしょうか。

一連の特集記事で禁煙を効果的に行う方法について紹介したいと思います。ご自身と家族の健康と将来のためにも禁煙は取り組む価値のあるものです。一連のページをご覧になった上で、前向きに検討していただければ嬉しく思います。

「生活習慣で解消する!-メニューページ」の下部に禁煙方法を特集した目次がありますので参考にされてください。

スポンサーリンク



  

このページの先頭へ