肩こりの原因となるストレスを解消する夜の過ごし方

夜の室内

こちらでも書いている通りストレスは肩こりの原因となり得ることがあります。仕事をしてると、どうしてもストレスになる事も多いですが、家にいる時にはできるだけストレスを軽減できるようにしたいものです。

ちょっとした心がけで生活のリズムを整えて疲れにくく、疲れを解消しやすい体へと変えてゆくことができます。簡単にできそうなものから取り組まれてみるのはいかがでしょうか?

ストレスを解消する夜の過ごし方

できるだけ湯船に浸かるのがコツ:忙しい生活をしていると急いで家に帰ってシャワーで済ませてしまうこともあるかもしれません。

もしできるならばお風呂に入る時には湯船に浸かる方が良いでしょう。若干ぬるめのお湯で構わないので長めに入るのがポイントです。血行が促進されて肩のコリが和らぐだけでなく、夜もぐっすり眠れるようになります。

入浴剤やアロマを入れると気持ちもリラックスすることができるので、気持ちも整って入浴後の時間も有効活用することができます。

他には夜の時間にやらなければならないことを詰め込み過ぎると家に帰ってからもストレスを解消するどころか緊張が続いてしまいます。頭や気を使わなければならないことは週末の休みに回すと心身ともに温存させることができます。

それで手当たり次第に予定をこなすのではなく、仕事の休みのサイクルに合わせて行なうべきことを予定してゆけば週中の仕事から返ってきた時間はストレスになることを行わずに済みます。

睡眠の重要性を意識する

夜どれだけ良いコンディションで眠れるかによって次の日の仕事のパフォーマンスが変わってきます。それだけでなく一週間の体調やリズムも関係してくるので「質の良い睡眠」を取れるようにしたいものです。

具体的には「早めに寝る」ことが大切です。

早く寝ることが肌の回復を促しストレス解消に役立つことを知っていても、さすがに夜の10時には寝れません。目標としてできるだけ夜の12時を回らないようにしたいものです。

そのためには先に挙げた湯船に入る習慣の他に「寝る1時間前は頭を使うことを控える」のも有効な方法です。例えば夜の12時を目標に寝るとすると、11時を過ぎたらメールチェックを控えることです。

さほど重要な内容でないとしても仕事上の事だと頭が働いてしまうので、気になるようであれば翌日の朝にチェックするほうが有効です。他にも布団に入ってから考え事をするクセがあると寝付きが悪くなります。

もし考え事をするならば寝る前にする代わりに休日に公園を散歩しながらとか有益な考えが沸き起こりそうなシチュエーションの方が積極的な思考を保つことができます。

スポンサーリンク



  

このページの先頭へ