高血圧症:首の痛みを伴う病気

高血圧症と首の痛みの関連を解説する医師

高血圧症とは?

人の体は心臓から血液を送り出して体内を流れていますが、血圧とは血液が血管壁に与える圧力のことです。

高血圧とは血圧の上が140で下が90を上回ることを言い、そこからどの程度血圧が高いかによってグレードが付けられます。

大多数の方が本態性高血圧症と言われており、遺伝的なものや環境に起因するとされています。塩分の取り過ぎや肥満、喫煙や飲酒、運動不足やストレスも高血圧を引き起こします。喫煙は別としても、他の要因は誰であれ幾らか高血圧になるリスクを負っています。

高血圧症自体も身体にとっては危険因子ですが、それが引き起こす合併症として脳梗塞やくも膜下出血、心筋梗塞や糖尿病といった大きな疾患にかかる確率が高くなります。

仮に高血圧症と診断されたとしても、医師の処方に従った投薬や生活習慣を変えることで、生活の質を保つことができます。反面、健康だからといって暴飲暴食や喫煙を続けているならば高血圧症を含む様々な疾患にかかる恐れは高まります。

食事療法については自己を相応しくコントロールすることと家族の協力が欠かせません。定期的に生活習慣全般を見直すことで、健康的な生活を送ることができます。

首の痛みとの関係について

高血圧症自体は自覚症状がないことの多い疾患ですが、首や肩の血行が悪くなってこりや痛みが発生したり、頭痛や動悸、息切れなどを起こすことがあります。

しかし、これだけの症状では何の疾患かは特定できませんので、心配な方は病院に受診することをおすすめします。

スポンサーリンク



  

このページの先頭へ