ストレートネックの症状・診断/治療・原因

ストレートネックとは何ですか?

◆首の骨がまっすぐになった状態を指します

ストレートネック自体は疾患ではなく、その名の通り首の骨(頚椎)の並びがまっすぐになったものを指します。

正常な首は頚椎がやや前方にカーブして、これを生理的湾曲といいます。
しかし首がまっすぐになることで、頭部を支える重心がずれて首やその周辺に負担をかけ、様々な症状を引き起こします。

症状の出方は人によって異なる

症状は首の痛みから肩こり、頭痛や首が動かしづらくなることから吐き気やめまいといった自律神経のトラブルのような症状も出ることがあります。

もちろんストレートネックだからといって直ぐに症状が出るわけではなく、首や肩の症状を訴えて来院し検査をして初めて知るケースがほとんどです。

診断と治療方法

X線写真を撮れば1発で分かります。しかし、首や肩の諸症状からして他の疾患(頚椎ヘルニアや頚椎症など)の可能性を排除した上で最終的にストレートネックと判断します。

ストレートネックにより引き起こしている症状に対処するために消炎鎮痛剤などを処方します。急性時の症状が和らいできたところで、筋肉の緊張を和らげるリハビリを行います。

整体院やカイロプラクティックでも治療をおこなってくれます。首の骨の歪みが体のどの部分に影響を及ぼしているか判断して総合的に施術してゆきます。いずれにしても評判の良い信頼できる所に通う必要があるでしょう。

ストレートネックの原因は何ですか?

◆姿勢の悪さにあります

特に「前かがみ」の姿勢がストレートネックを生み出すと言われています。デスクワークは前かがみの姿勢を取らせる環境にあるといえるでしょう。一日中パソコンに向かって集中して作業していると前かがみの姿勢になりがちです。

意識的に前かがみの姿勢にならないようにすることや、最低でも1時間に1度は軽いストレッチをするのも”デスクワーク”の一部といえるでしょう。

猫背の方は要注意です。猫背の姿勢はストレートネックを作り出す姿勢と言えます。生活の中でも家事や子どもの世話、携帯端末などを見る時に猫背になっていないでしょうか?

通院にかける時間や費用を無駄にしないためにも、日常生活で改善できるところは積極的におこなってゆきたいものです。

スポンサーリンク



  

このページの先頭へ