運動が肩こり予防と解消になる理由とは?

運動する

肩こりを解消するためには様々な方法があります。日常生活の中で心がけられるものからマッサージのようにお金を出すものまでありますが、これらは対処方法に過ぎません。

根本的に肩こりの原因になっているものを取り除いたり軽減しないと、いつまでも対処するためだけのために時間とお金を費やしてしまうことにもなりかねません。

対処療法を行いつつ根本原因となるものに目を向けてゆく必要があります。

その一つが「運動」です。

運動不足の人が肩こりに悩まされやすい理由

運動不足だと体の筋肉そのものを動かさないので血行不良になりやすくなります。それだけでなく筋肉もつかないので腕や頭の重みが首や肩の筋肉にかかり、こりの原因となってゆくのです。

運動不足になりやすい人のライフスタイルも関係しています。多くの人はデスクワーク中心の仕事を行なっており同じ姿勢を取る時間が多く、なおかつ運動をしない人の方が多いように見受けられます。

逆に運動をすると体中の血行が促進されるので筋肉中の老廃物を流しやすくなります。同時に筋肉もついてゆくので首周辺にかかる負担を軽減することができます。

まずは軽い運動から始めよう

人によっては運動というと本格的なスポーツを連想するかもしれませんが、その必要はありません。あまり本格的になると実際に行なう機会が少なくなり継続するのが難しくなります。

それで、まずは軽い運動から始めるのをおすすめします。

例えばウォーキングならば早歩きをするのに見合った運動靴さえあればすぐに始めることができます。週に2~3回、毎回30分程度歩くことができれば効果は上がります。

運動の前後に軽いストレッチと筋トレを加えれば十分です。この程度の運動でも肩こりの解消や予防につながるので、今まで軽い運動をする機会がなかった方は試してみることをおすすめします。

スポンサーリンク



  

このページの先頭へ