首のこりや痛みを軽くするための筋トレ

ダンベル
【こちらはイメージ図です】

首周辺のこりや痛みに悩まされている方は筋力を強化する必要があります。

以前に私が首のヘルニアで整形外科にかかった時の話です。私は整形の首の専門医にかかったのですが、その時の担当医の首が太かったのが非常に印象的でした。(きっと鍛えていたのでしょう)

それとともに首の筋トレをすることを励まされました。

頚椎の老化は避け得ないかもしれませんが、周辺の筋肉を強化することで安定性を図り痛みの軽減につながるのは確かなようです。首のこりであっても痛みであっても有効なので強化しておいて損はありません。

(首の痛みがある方は筋トレをする前にまず受診しましょう)

簡単にできる首の筋トレ:押し戻し

首の筋力アップを図るために特別な道具は必要ありません。

手で頭を押して、頭を手が加えている力に逆らうように押し戻すだけでOKです。頭に力がかかっているのではなく、頭を支えている首の筋肉に力が入っているのに気が付いたでしょうか。

例えば左側頭部は左手を使って押すことができますし、右側も同じです。

頭の前後については両手の指を組んで額/後頭部に当てるならば押すことができます。コツは手の力と頭の押し返す力が同じくらいだと良いでしょう。息を止めずに7秒くらい少しずつ力を増してゆきます。

気持ちのよい疲れを感じるくらいが適度です。お風呂あがりなど決まった時間に行なうと継続しやすくなります。無理な力を入れないよう気をつけながらも負荷をかけるならば首の筋力を鍛えることができますよ。

スポンサーリンク



  

このページの先頭へ