肩こり外来とは?

肩こり外来へようこそ!

「肩こり外来」と言うのをご存知でしょうか。

もしかしたら多くの方は「たかが肩こりで病院へ行くなんて」と思っていらっしゃるかもしれませんね。しかし、ひどい肩こりは頭痛やめまい,吐き気などの原因になることがあります。

仕事の効率が下がるだけでなく,生活の質そのものにも大きな影響を及ぼすこともあるので「たかが肩こり」とは一口には言えないようです。

肩こり外来とは?

肩こり外来とはその名の通り病院が独自に定めている外来部門です。

大抵は整形外科の中で肩を含めた部分を専門として扱っている先生が担当しています。肩こりの多くは女性が患っていることからも婦人科の系の病院内に敷設している病院も存在します。

※健康保険が適用であることを確認してから受診しましょう

受診方法は普通の病院と変わりません。まずは問診票に今の状態を詳しく記入します。それからレントゲン撮影をします。(意外と女性の中にはここで初めてストレートネックだということに気付く方もおられます)

病院によっては他の疾患の可能性を排除するために血液検査を実施するところもあるでしょう。MRIに関しては通常何か異変が見当たらない限り撮ることはありません。

その後医師の問診が始まります。

ライフスタイル全般に関して詳しく聞いてくるので可能な範囲で答えます。種々の検査結果とかね合わせて医師が肩こりの原因となっているものを教えてくれます。

大抵は長時間のデスクワークと運動不足が原因だと思いますが・・
(私も現在、肩がバリバリに張っていますw)

その後、医師が具体的な改善策を教授してくれます。正しい姿勢や体操やトレーニングの仕方、ライフスタイル全般にまで及ぶこともあるでしょう。

現在の肩こりの度合いによってはホットパックや電気,首の牽引やブロック注射などを行ったり薬を出してくれるかもしれません。

鍼やマッサージを施してくれる病院もありますが、健康保険が効くのかどうか確認しながら治療方針を決めてゆくと良いでしょう。

さらにどの程度の期間・頻度で通院する必要があるか聞いておきましょう。できれば初診の段階でかかる期間と費用合計を聞いておくと後になって思ったよりも出費がかさんだという事を回避することができます。

ぜひ肩こり解消にお役立てください!

ここでは特定の医療機関を斡旋することはありません。肩こり人口は多いので、家族や身近な友人に聞いてみたり、かかりつけの整形外科の先生に診てもらえないか頼むこともできるかもしれません。

スポンサーリンク



  

このページの先頭へ